COP-11 

 旅と、その時々の出来事

縄文ZINE

縄文時代をテーマにした、変わったフリーペーパーです。。発行部数は、3万部だそうです。。

  考古学好きなら、面白い内容満載ですが、A5サイズくらいなので、目にはきついです。。。

  東京で一番手に入れやすいのは、八重洲ブックセンターでしょう。。。


160924-614.jpg

s-160827-2022.jpg

s-160827-2023.jpg

s-160827-2027.jpg

s-160827-2030.jpg

s-160827-2039.jpg

s-160827-2045.jpg

s-160827-2051.jpg
s-160827-2053.jpg



  関心のある方は、リミックスZを。。。






160924-615.jpg

160924-616.jpg

スポンサーサイト
  1. 2016/09/24(土) 18:13:01|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

サン写真新聞

昨日、大荒れの神保町を歩いていたら、この本に出会いました。。三冊まで500円コーナーで、1989年刊行なのですが、保存状態が素晴らしくよいので、昭和21年から23年の三冊を購入。。。

 大衆新聞は、イギリスのSUNが有名ですが、こちらは、かつて日本にあった、サンです。。発行は、毎日新聞。。 

s-160417-076.jpg

(WIKIPEDIAから)
サン写真新聞(サンしゃしんしんぶん)は、日本初のタブロイドサイズの夕刊専売新聞として1946年に創刊した新聞である。

当時の新聞は太平洋戦争発生以後規制されていた夕刊が再開したものの、当時は政府当局の指導もあり製紙事情から既存新聞の増ページが認められなかったので、実質上既存新聞社は夕刊の発行ができなかった。そのため、既存新聞社はダミー子会社を設立して新興夕刊専売紙を発行したが、サン写真新聞も毎日新聞の系列夕刊紙として発行された。

タイトルが示すとおり、一般全国紙と違うのは写真記事を中心にした構成で、戦後復興を目指そうとする日本の表情を写し出す紙面づくりを目指した。1960年に廃刊されたが、その後創刊された夕刊フジや日刊ゲンダイなどの夕刊タブロイド専売紙に大きな影響力を持った。



s-160417-081.jpg

 太宰治の入水自殺。

s-160417-080.jpg

s-160417-078.jpg

s-160417-077.jpg



 A級戦犯、東条英機の葬儀。。遺体は家族に返還されることなく、荼毘にふされて海に捨てられたそうです。。
 
s-160417-083.jpg



s-160417-082.jpg


  額縁ショー。。ストリップの元祖。。

s-160417-085.jpg

s-160417-084.jpg


  一番変わったのは、体型でしょうか。。

s-160417-087.jpg

s-160417-086.jpg

s-160417-088.jpg


  インドのことを笑えない時代があったんですね。。

s-160417-090.jpg


s-160418-009.jpg

  日本人が不潔だという記事が多いのは、驚きます。。まあ、、畑に人糞まいてた時代だからね。。

s-160418-012.jpg

s-160418-017.jpg


  炭鉱労働者


s-160418-013.jpg

  帝銀事件

s-160418-014.jpg

  男女共学

s-160418-016.jpg


  ネット画像ですが、実際は、こんな感じだったそうです。。


160418-299.jpg
160418-300.jpg



  1. 2016/04/18(月) 21:28:08|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

夕凪の街 桜の国

  2年ほど前、島根県の学校が「はだしのゲン」に閲覧制限をかけて大騒ぎになりましたが、その時に教材にするなら、こちらの作品の方がふさわしいと書いた方がいて、一度読もうと思いつつ、時がたってしまいましたが、先日、川越の古本屋で偶然見つけました。。

  しかし、もう2年も経ったのですね。

  ストーリーは、被爆によって体と心に深い傷を負った23才の女性が、被爆の10年後に原爆症を発症し、あっけなく死んでしまうという話です。淡々とした描写が、かえって心に沁みます。

  発表当時は、かなり話題になって映画化もされたそうですが、もはや忘れさられつつありますよね。時の流れは恐ろしい。。

 
s-151031-002.jpg

s-151031-005.jpg

s-151031-007.jpg

s-151031-010.jpg

 WIKIPEDIAから、主人公のプロフィール

平野皆実(ひらの みなみ)
本作の主人公。原作では平野家次女、映画・小説版では平野家長女である。
1945年8月6日に、広島市で原爆の被害に遭うが、生き残る。
その後、水戸市に住む伯母(石川家)の支援を得て勉強した後、建築設計事務所「大空建研」の事務員に就職。母・フジミと2人で夕凪の街(旧・相生通り、通称・原爆スラム)のあばら家で暮らし、実弟・旭と再会するために石川家に行くことを目標に、草履作りのため竹の皮を集めるなど倹約生活を送る。
人前では明るく気丈に振る舞うが、原爆投下直後の修羅場の中で多くの人々を見捨てて生き延びたことに罪悪感を抱き、左腕と左のこめかみの大きな火傷跡に対してコンプレックスを持っている。
打越からの求婚を受け、生き残った自分自身を許せるようになった直後に原爆症を発症し、1955年9月8日に死去。享年23(映画・小説版では1958年8月25日、26歳で他界)。


  桜の国は、夕凪の街の親族のその後の物語ですが、登場人物が輻輳して、何回か読み直さないと、ストーリーが理解できませんでした。

s-151031-011.jpg
  1. 2015/10/31(土) 09:58:40|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

ミノタウロスの皿

  藤子・F・不二雄の有名な作品なので、知っている方も多いでしょうが、先日通販で買いました。

  かなりブラックな作品なので、藤子・Aの作品だと思っていたのですが、全編芥川龍之介の蜘蛛の糸を読んでいるような陰鬱な気分になります(中には、明るい終わり方のものも多少はありますが。。)。子供向け漫画を書いていて溜まった毒が、集まったのかもしれません。

  ストーリーは、WIKIPEDIAから引用します。

 宇宙船の事故で地球によく似た惑星に緊急着陸した主人公は、その星でミノアという美しい少女に救出される。その星は、地球でいうところの「牛」にそっくりな種族が支配する世界で、彼らは地球でいうところの「人間」にそっくりな種族を家畜として育てていた。ミノアはその家畜の中でも特に育ちの良い女性で、最高級の食材「ミノタウロスの皿」に選ばれ、民衆の祭典で食べられる運命にあるという。その事実を知った主人公は、喜んで食べられようとするミノアを助け出そうと奔走するが、結局は救出できずに終わる。主人公は迎えの宇宙船に乗り込むと、泣きながらステーキを食べるのだった。

 
 人にそっくりな種族は、会話ができる知能と文化を持っているのに、家畜として食肉にされるのを是として生きているという設定です。

 ヨーロッパ人に言わせると、こういうのはユーモアではなく、キリスト教を中心とする倫理観への冒涜だと言ったりするんだよな。。

s-151017-274.jpg


s-151024-050.jpg


s-151024-052.jpg


s-151024-055.jpg


s-151024-057.jpg


s-151024-059.jpg


s-151024-061.jpg


s-151024-062.jpg


s-151024-063.jpg


s-151024-064.jpg
  1. 2015/10/24(土) 18:30:23|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

立ち食いそば名店100 首都圏編 (Gakken Mook)

  今日、ブックオフで見つけて購入しました。。

  長野では蕎麦三昧ですが、東京の名店には殆ど行ったことがありません。。

  注文してから待つ間に何をしたらいいかわからないし、ちょい飲みすると軽く2,3千円はかかってしまう。。

  それに普段の早食い癖から、、薄盛りの蕎麦を食べるのには、2、3分もあれば十分で、、どう時間を潰せばいいのか。。。

  というわけで、値段相応の蕎麦が食べられる店が調べられるのは、うれしいです。。

  持って歩くのは、少し面倒だな。。

s-150913-145.jpg

s-150913-146.jpg

s-150913-147.jpg

s-150913-147-2.jpg

150913-505.jpg
  1. 2015/09/13(日) 19:12:01|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

イスラム国、大学生が参加を計画 「勤務地:シリア」アキバの古書店に怪しげな求人

  真偽不明ですが、、なんで人民元なんだ。。

イスラム過激派組織「イスラム国」の戦闘に加わるため、シリアへの渡航を計画したとして、北海道大に在籍している男子学生の関係先が捜索を受けた事件で、男子学生は東京・秋葉原の古書店に掲示されたシリアへの渡航を呼びかける貼り紙に応じ、シリアへ渡航しようとしたことがわかった。

公安部は10月6日、学生の旅券を押収。関係先数カ所を家宅捜索し、「勤務地:シリア 詳細:店番まで」と書かれた求人を掲示していた古書店の関係者からも事情を聞いた。朝日新聞デジタルなどが報じた。

求人に関わったとされる古書店関係者は日本人の男性。朝日新聞の取材に対して、求人広告を掲示したことを認め、「イスラム法学が専門の元大学教授に渡航希望者を数人紹介した」と話している。

元大学教授も古書店関係者から「『イスラム国』に行きたい大学生がいたら紹介したい」などと相談を受けたことを明らかにしたうえで、「自分から『イスラム国』行きを勧めたりはしない」と話した。元教授はこれまで数回、調査などで「イスラム国」の支配地域に入ったことがあり、現地の様子を発表している。


141007-207.jpg

141007-102.jpg

141007-208.jpg

141007-210.jpg

141007-211.jpg
  1. 2014/10/07(火) 21:16:22|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

日本人の知らない日本語

 「日本人の知らない日本語」という漫画があって、結構面白いです。。

s-130915-021.jpg

 内容は、外国人に日本語を教える日本人教師の苦労話なのですが、長年の経験が濃縮されているのだろうと思います。

  BOOKOFFの100円コーナーで見つけたのですが、現在進行形で、200万部突破なのだそうです。

解説は、WIKIから。

日本人の知らない日本語


 『日本人の知らない日本語』(にほんじんのしらないにほんご)とは、原案・海野凪子、漫画及び構成・蛇蔵による、日本のメディアファクトリーから発刊されているコミックエッセイ、及びそれを原作とした連続テレビドラマ。yorimo(読売新聞が運営する会員制ポータルサイト)にて四コマ漫画版やクイズの連載もされている。単行本は2013年(平成25年)8月現在、メディアファクトリーより4巻まで発行されている。


概要

 日本語学校の教師を務める「なぎこ先生」の目線で実際に起こった体験談を基に、日本語教育や異文化交流を取り上げた日本の漫画である。外国人日本語学習者達との交流を中心に、学生から繰り出される超マニアックな質問に悩みながらも、楽しく勉強を教えている風景を描いている。学校内の出来事以外にも外国との文化の違いからくる誤解を解いたり、日本の風習、日本語の成り立ちを歴史的観点から学んだり、日本人がよく間違う日本語、日本人も知らない正しい日本語も学べる作品となっている。

 登場する人々は、細身の体に大きめの頭のかわいらしい3頭身の絵にデフォルメされている。本編の合間にはエッセイ日本語こぼれ話や日本語能力を測る小テスト、ショートエピソードを1コマ漫画や4コマ漫画にした物を掲載している。



 この漫画の絵柄にそっくり(実際に並べられて置かれていた)ですが、作者は全く別です。

 
s-130915-025.jpg

 
 任侠映画で日本に興味をもって日本語を覚えたので、ヤクザ言葉が出てしまうフランスの上流階級のマダムとか(本当にいそうなのがリアルです)。。

 著作権の関係がありますので、この程度の画像にします。。

 任侠映画が好きな外国人って、数は少ないんでしょうがいるんでしょうね。。

 キル・ビルを作ったクエンティン・タランティーノのように・・

s-130915-020.jpg

 黒澤映画で日本語覚えたので、サムライ言葉になってしまう、スウェーデンの美人学生とか。。

s-130915-024.jpg

 外国では○×が逆とか、、

s-130915-022.jpg


 日本人にやってもらった宿題が間違いだらけだったとか、こんなの本当にありそうです。。

 以前通っていたことがある英会話学校に、TOEFL全問正解したことがある日本人の先生がいて、NATIVE SPEAKERの先生達に英文法教えていました。 

s-130915-023.jpg
  1. 2013/09/15(日) 19:37:40|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

伊藤計劃 「From The Nothing, With Love」

久々、本の話ですが。。
 
昨年末のTOKYO REMIX ZOKUで山田五郎さんが絶賛していたので通販で購入したのですが、しばらく「つん読」状態になっていました。最近やっと完読。。

作者は、注目され始めた頃に、病気で夭折されてしまったそうです.
SF界では結構有名な人だとか。。(名前の読みは、「けいかく」です。)

From The Nothing, With Loveは、007をオマージュにしたもので、輪廻転生を繰り返すうちに自我とは何かを自問自答するという話で、、うーん。。自分の中で、まだ消化しきれません。


130621-131.jpg

s-130620-012.jpg

 武蔵野美大出身で、絵も描けたようです。。マルチな分野で活躍が期待されたんでしょうね。。

 著作権の関係がありますので、こんな程度で。。

s-130620-016.jpg

s-130620-017.jpg

130621-132.jpg

FILE0000.jpg


FILE0001.jpg


FILE0002.jpg
FILE0003.jpg



FILE0004.jpg


  1. 2013/06/21(金) 21:28:37|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

私の遺言 佐藤愛子

 久々、本の話ですが。。

 東京 REMIX族で、中川翔子がお勧めしていたので、一気に読みました(神保町に行っても在庫がなく、AMAZONで注文しました。)・・

 話の内容はというと、、

 作者が50歳を過ぎた頃、急に心霊現象を経験しはじめる、、と言っても、幽霊を見るわけではなく、家の中で不思議な音を聞く、物が勝手に動く、明かりが勝手に付く、原因不明の頭痛に悩まさる、等が約30年続く。。。

 霊能者に相談するうちに、自分の先祖に呪われた過去があることを知る、、しかし、それを客観的に証明するものがないので、作者も半信半疑なのですが、、

 そして、それは一人二人を浄霊した位では、とても解決できないようなレベルの呪いだった。。。

 作者は、今もご健在なので、この話は現在進行形なのですね。。

 この本読んでから、私の部屋でも、がたごと変な音がしているような気がします。。

 淡々と日々の事実を綴っているのですが、逆にそれが怖かったりして。。

s-130311-008.jpg

130311-165.jpg

130311-006.jpg

130311-005.jpg
  1. 2013/03/11(月) 20:53:42|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

福沢諭吉

 今日、古本屋で買いました。105円。。

 最近の情勢を見て、福沢諭吉 = 脱亜論。

 それに、この人の交霊術がどんなものなのか興味があったので。。

 まあ、ネタです。眠る前に読みたいと思っています。。


 「つん読」状態の本がどんどん増えているのですが。。



s-120820-007.jpg


120815-101.jpg
  1. 2012/08/20(月) 21:14:33|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

ガイドブック

 夏期休暇はまだ先なのですが、旅行のガイドブックを買いました。ブックオフであわせて460円。

 下調べならこれで十分。。

 沖縄は一度行きたい場所なのですが、車がないと移動しにくいし、、レンタカーは経験ないので、、

 寝る前に読みながら考えようと思っています。

s-120727-038.jpg
  1. 2012/07/27(金) 20:20:58|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

ゴーマニズム宣言他

 沖縄とアイヌ。。古本屋さんで、計605円。

 小林よしのり、私も必ずしも好きではありませんが(特に最近は。。)、基本的な知識を身につけるのには便利です。。

 沖縄や北海道の歴史って、本当はあまり知りません。目に入ってくるのは新聞のゆがんだ記事ばかりです。



 問題は本を読む時間があるかですが。。

s-120531-023.jpg
  1. 2012/05/31(木) 20:58:35|
  2. | トラックバック:1
  3. | コメント:0

歴史人 2012年4月号「満洲帝国の真実」

 昨日、平塚駅の本屋で見つけて買いました。680円。

 南京大虐殺に関する名古屋市長の発言が騒ぎになってますが、、満州帝国と関東軍は、明治以降の日本の歴史を凝縮したものかもしれません。

 私の意見を言わせてもらえば、日本が中国を侵略し、財産や資源の収奪を行ったのは否定できない事実です(規模の大きさの議論はありますが)。。にもかかわらず、日本は中国に対し、一切の損害賠償を行っていません(後のODA援助はありますが)。。

 反日教育などで、日本人の対中感情は悪化していますが、事実は事実として忘れてはいけない。。

 ここが半島と大きく違う点です。

 時間かけてじっくり読みたいのですが、、最近時間がないなあ。。。

s-120318-075.jpg

120318-076.jpg
  1. 2012/03/18(日) 18:59:07|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

建築知識 2012年1月号 萌える!「建築基準法」

 先日みかけて、面白そうなので買いました。1890円。

 いわゆるドラッカーからの2番(?)煎じですが。

 建築基準法の基本を知ってるといろいろ便利です。借家してる人でも建物と無関係ではないので。

 仕事で勉強したりすることもあるのですが、とにかく細かいので、少しするとザルのように頭から抜ける。

 だから、ながらで読める本は貴重です。。最近、本読んでないんですが。。

s-120310-090.jpg
120312-019.jpg
  1. 2012/03/12(月) 20:41:09|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

一個人 2012年1月号「イスラム教入門」

 久々定価で本を買いました。680円!

 久しく海外に行ってないこともあり、海外旅行したい気持が疼いています。

 中でも、イスラム教圏には行ったことがない。

 「一個人」は内容濃くて面白いものも多いですね。

 ゆっくり読書する時間がないのが残念ですが、、

s-111202-019.jpg

111202-022.jpg

s-111119-710.jpg
  1. 2011/12/02(金) 20:56:00|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
次のページ

Graphical Clock デジタル

Graphical Clock
ioi.toot

プロフィール

snoopy

Author:snoopy
 いつも撮っている写真や、時事の話題をネタにしています。

 リンク等はフリーなので、お気楽にどうぞ。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

旅行 (394)
街の風景 (599)
謎・ミステリー (59)
食べ歩き (153)
時事・話題 (1728)
本 (25)
買い物 (107)
日記 (252)
自然・環境 (264)
音楽 (21)
未分類 (2325)

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

電力使用状況&電気予報

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

フリーエリア

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

タグクラウドとサーチ

> tags

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる